クルマの機能

BMWのオートブレーキホールド機能について | 搭載車&使い方

BMWのオートブレーキホールド機能について紹介します。すべて2020年2月現在の現行車に限ります。

BMW X3についての記事はこちら
【オーナー記録】BMW・X3(2018年式ディーゼル車)の検討から購入に至るまで
【オーナー記録】BMW・X3オーナーになって1年半のリアルな感想と使い勝手

ブレーキホールド機能とは?

ブレーキホールドとは、信号待ちなどでの完全停止中に、ブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持し続ける機能です。アクセルと踏むと再発進します。

詳しくはこちら
【最新版】国産&輸入車搭載車一覧!超便利なオートブレーキホールドとは?

BMWのブレーキホールドについて
ブレーキホールドの名称

BMWでは「オートマチック・ホールド」と呼称しています。

搭載車種

BMWでは、2シリーズ(ツアラー2種、クーペ、カブリオレ)、X1、X2を除いた車種に搭載されています。2019年発売の新型1シリーズにもホールドを採用したので、上記のモデルも次期型には搭載されるのではないでしょうか。

搭載車種車両価格
1シリーズ3,340,000〜6,300,000円
2シリーズ グランクーペ3,690,000〜6,650,000円
3シリーズ セダン4,610,000〜9,800,000円
3シリーズ ツーリング4,940,000〜10,050,000円
5シリーズ セダン6,630,000〜10,990,000円
5シリーズ ツーリング6,960,000〜11,330,000円
6シリーズ8,430,000〜9,190,000円
7シリーズ11,110,000〜25,700,000円
8シリーズ クーペ12,600,000〜17,460,000円
8シリーズ カブリオレ13,590,000〜18,730,000円
8シリーズ グランクーペ11,520,000〜17,150,000円
X36,710,000〜8,960,000円
X47,830,000〜9,990,000円
X59,380,000〜13,540,000円
X69,900,000〜13,950,000円
X710,990,000〜15,950,000円
すべてのグレードに標準装備(電動パーキングブレーキを含む)されています。ただし、1シリーズと2シリーズ グランクーペについては、標準装備かオプション装備かが定かではありませんが、搭載車であることは確かです。
操作方法
1. ホールドスイッチをオンにする

シフトレバー付近に「AUTO H」と書かれたスイッチ(EPBスイッチの横か下)があるので、このスイッチでオンとオフの切り替えができます。

2. クルマを停止させる

ブレーキペダルで減速し完全停止します。

3. ホールドの作動&停止状態の維持

ホールドが作動すると、メーターパネル内に「AUTO H」(ブレーキホールドが作動している)と「P」マーク(EPBが作動している)が表示されるので、この表示を確認後ブレーキペダルから足を離します。

4. 再発進

再度発進させる時は、アクセルペダルを踏むだけでOKです。

BMWは一度付けたら付きっぱなし!

BMWのホールドは、一度スイッチをオンにしたら、手動で解除するまで付きっぱなしです。つまり、国産車に多いエンジン始動後に毎回ホールド機能を作動させる手間がないため、非常に楽です。

「ホールドをオンにしたと思ってブレーキを離したら、オフのままでクルマが進んでしまった!」なんてことも起こりません。

また、国産車では「運転手がシートベルトをしていないとホールドが作動しない」といった作動条件があったりしますが、BMWは特にありません。(私有地内で実証済み)

ブレーキホールドを過信しないこと

ブレーキホールドは、非常に便利な機能ですが、あくまでも運転補助の一機能に過ぎません。急勾配の坂道や悪天候による路面凍結などでは、ホールドが機能しない場合も可能性としてはあるため、ドライバーが責任を持って安全運転を行なってください。