SUV

注目の新型EV!マスタングのSUV電気自動車「MUSTANG MACH-E」を徹底解説!

アメリカの自動車メーカーであるフォードが販売しているスポーツカー「マスタング」は、1964年の登場以来、2020年現在で7代目です。

そのマスタングをベースとしたSUVタイプの電気自動車「マスタング マッハE(MUSTANG MACH-E)」を2020年後半に発売、2021年にデリバリー開始されることが予定されています。

今回は、フォードのSUV電気自動車「マスタング マッハE」について詳しく紹介していきます。

※フォードは2016年に日本市場から撤退してしまったため、日本には正規販売店はありません。

マスタング マッハEの内外装
エクステリア
インテリア
マスタング マッハEのグレード&価格

マスタング マッハEの発売時のグレードは5種で、価格は約470万円から約647万円となっており、競合車のテスラ・モデルY(日本未発売)と同程度の価格です。(1ドル=107円にて換算)

SELECT
$43,895(約470万円)
PREMIUM
$50,000(535万円)
CALIFORNIA ROUTE 1
$51,800(約554万円)
GT
$60,500(約647万円)
FIRST EDITION
$59,300(約634万円)
マスタング マッハEのスペック(グレードにより異なる)

マスタング マッハEのボディサイズは、コンパクト〜ミドルクラスでアメリカ車のSUVとしては比較的コンパクトなサイズです。

フル充電時の航続可能距離は、スタンダードレンジで337km、エクステンデッドレンジで最大482kmとされており、パフォーマンスモデルの最高出力/最大トルクは465PS / 829Nmとパワーと加速性能に長けています。

全長×全幅×全高
4,724×1,879×1,600mm
ホイールベース
2,971mm
バッテリー種類
スタンダードレンジ / エクステンデッドレンジ
航続可能距離
337km / 370km / 378km / 434km / 482km
最高出力
258PS / 285PS / 336PS / 465PS
最大トルク
415Nm / 565Nm / 829Nm
駆動方式
AWD / RWD
乗車定員
5名
マスタング マッハEの機能・装備(グレードにより異なる)
バッテリーシステム

【スタンダードレンジ】バッテリー容量:75.7kWh(リチウムイオンセル288個)
【エクステンデッドレンジ】バッテリー容量:98.8kWh(リチウムイオンセル376個)

充電システム

最大150kWのDC急速充電(SELECTのみ最大115kW)
・フォードモバイルチャージャー標準装備(120V / 240Vに対応)

主なエクステリア装備

・LEDシグネチャーライト
・シーケンシャルリアターンシグナル
・オートハイビーム機能付LEDリフレクターヘッドライト
・オートハイビーム機能付LEDプロジェクターヘッドランプ
・サイドドアEラッチ
・ハンズフリー
・フット作動式パワーリフトゲート
・パノラマ式固定ガラスルーフ

※グレードにより異なる

主なインテリア装備

・ワイヤレス充電パッド
・アンビエントライト(マルチカラー)
・前席シート / ステアリングヒーター
・メモリードライバーシート / ミラー
・Bang&Olufsenサウンドシステム(10スピーカー)
・メタリックペダルカバー
・FordPass Connect(充電インフラ)
・TM Next Generation Sync(インフォテイメントシステム)
・コネクテッドナビゲーション
・10.2インチデジタルクラスター&15.5インチタッチスクリーン
・PAAK(スマートフォンによるリモート操作)

※グレードにより異なる

主なセーフティ系機能

・リバースブレーキアシスト
・リバースセンシングシステム
・ブラインドスポットモニター
・レーンキーピングシステム
・リアカメラ、360度カメラ
・オートハイビーム
・全車速追従ACC
・レーンセンタリングアシスト
・ステアリングアシスト
・音声起動ナビゲーション
・パーキングアシスト

※グレードにより異なる

マスタング マッハEの主な特徴
10分で約100kmの充電が可能

DC急速充電を利用すれば、10分で約100km分の充電が可能です。

SYNC®4Aを採用

インフォテイメントシステムは、15.5インチのタッチスクリーンを採用しており、クラウドベースの接続、無線アップデート機能、音声認識などが可能です。

SYNC®4A通信システムによって、AIの学習機能によりドライバーの好みを学習し、車両の品質や機能が随時アップデートされていくため、非常に利便性が高いと言えます。

また、15.5インチのタッチスクリーンは、タッチ、スワイプ、ピンチコントロールで感覚的に操作が可能です。

スマートフォン連携

手持ちのスマートフォンから、車両のドアロック&解除、リフトゲートの開錠、車両のオン/オフなどのリモート操作が可能です。

回生ブレーキシステム

ブレーキング時に失われるブレーキエネルギーの約90%以上を捕捉して再利用し、バッテリーを再充電することが可能です。

フォードモバイルチャージャーが標準装備

フォードモバイルチャージャーは120Vコンセントおよび240Vコンセントに対応しており、10分で約100kmの充電が可能(DC急速充電)と言われています。

また、フォードの家庭用充電器(フォードコネクテッドチャージステーション)はWi-Fiに対応しており、一晩でフル充電が可能です。

FordPass充電ネットワーク

アメリカ国内の約13,500以上の充電ステーションを利用することができます。

競合車「テスラ・モデルY」とのスペック比較
モデルY
マスタング マッハE
グレード
2種
5種
(ファーストエディション含む)
車両価格
$43,690〜
$43,895〜
全長
4,751mm
4,724mm
全幅
1,921mm
1,879mm
全高
1,624mm
1,600mm
バッテリー種類
ロングレンジ
スタンダードレンジ
エクステンデッドレンジ
航続可能距離
468〜508km
337〜482km
最高出力
462ps
258〜465PS
最大トルク
639Nm
415〜829Nm
駆動方式
AWD
AWD / RWD
乗車定員
7名
5名

※「テスラ・モデルY」は日本未発売です。

まとめ

マスタング マッハEは、欧州車よりも良心的な価格設定かつ大胆で洗練された内外装デザイン、最先端の通信システムを採用しており、高品質・高性能なクルマに仕上がっています。

アメリカのEV市場をテスラが独占している中で、マスタング マッハEの発売によってどの程度テスラ離れが生じるのかが、今のところは不明瞭ですが、フォードの他にもシボレーやキャデラックなどの米国メーカーもEV開発が進んでいるので、今後はさらにEV車種が増加します。

また、日本でマスタング マッハEを購入するとなると、車両の輸入を行なっている会社などでの購入となりますので、車両価格がかなり上乗せになってしまいますが、「絶対に購入できない」わけではありません。

すでに、マスタング マッハEのデリバリーが開始されたら輸入すると公言している会社もあるようです。

日本のEV市場も、2021年にかけて日産・アリアやホンダ・ホンダe、ポルシェ・タイカンなどと発売およびデリバリーが予定されているので、今後のEV市場の動きに注目です。