カーシェアリング

【2020年最新版】車のサブスクリプションはどれがいい?サービスの違いを徹底比較!


最近CMでもよく見かけるようになった「車のサブスクリプション」

名前は聞いたことがあっても「どんなサービスかはよく知らない・・・」という人向けに、マイカーやカーシェアリングなどとの違いや会社ごとの違いを比較していきます。

[ad01]

車のサブスクリプション(サブスク)ってなに?

車のサブスクリプションとは、毎月定額の料金を支払うことで「月額料金を支払った期間(契約期間)は、車を自由に使うことができるサービス」です。

車のサブスクリプションはカーリースと同じシステムです。

車のサブスクリプションでは、各種税金や任意保険料・メンテナンスなどにかかる費用は、毎月のリース料金にすべて含まれている(一部を除く)一方で、一般的なカーリースは任意保険とメンテナンス費用が含まれていない場合が多いです。(一部のリース会社や契約プランによっては含まれる場合もあります。)

サブスクリプションサービスは、動画配信や音楽配信から始まり、最近では車以外にもファッションや子育てグッズなどといった、様々なジャンルが続々と増え、今注目のビジネスモデルです。

車のサブスクリプションのメリットとデメリット

車のサブスクリプションのメリット

車のサブスクリプションのデメリット

車の利用形態による支出の違い

車のサブスクリプションと「マイカー(購入)」「カーリース」「カーシェアリング」との支出の違いを比較していきます。

自分にはどんな所有(利用)方法が向いているのか?

車へのこだわりや使用用途、使用頻度、金銭事情は人それぞれ異なりますよね。わざわざ高い維持費を払ってまで車を購入するべきなのか?と悩む人も多いと思います。

一昔前までは「車は買うもの」というのが常識的でしたが、今ではレンタカーを始めカーリースやカーシェアリングなどといった様々な選択肢があります。

マイカー(購入)に向いている人

・車の使用頻度が多い
・車へのこだわりが強い
・所有権を持ちたい(借り物が嫌)
・十分なお金がある

サブスク / カーリースに向いている人

・車の使用頻度が多い
・車への強いこだわりがない
・面倒な手続きや支払いなどはすべて任せたい
・毎月定額の支出にしたい

カーシェアリング / レンタカーに向いている人

・車の使用頻度が少ない
・必要な時にだけ使用したい

\ヤリス クロスのリース受付開始!/
【KINTO】愛車サブスクリプション

車のサブスクリプションとマイカーの支出の違い

サブスク
購入
頭金
不要
数十万〜数百万円
税金
負担なし
実費
任意保険料
負担なし(※1)
実費
メンテナンス費用
負担なし
実費
契約期間
縛りあり
自由
走行距離
制限あり
自由
ガソリン代など
実費
実費

※1:ボルボのサブスク「SMAVO」には任意保険は含まれていません。

マイカーを持つと、毎月のローン返済(一括購入の場合を除く)や給油代などの支出に加えて、登録諸費用や各種税金、任意保険料、メンテナンス費用などの非固定の支出があり、タイヤ交換をするだけでも数万円〜数十万円かかります。

しかし、車のサブスクリプションなら、各種税金、任意保険料、メンテナンス費用などがすべてリース料に含まれているので、契約満了まで定額の支出のみで済みます。

税金の支払いや車検の時期などに大きな出費となることがないので、お金の管理がしやすいというのも魅力のひとつです。

一方で、車のサブスクリプションはいわばカーリースと同じであるため、あくまでも「借り物である」という認識を持たなければならず、走行距離に制限があったり、中途解約ができなかったり、改造ができないなどの縛りがあります。

そのため、「車のこだわりが強い」という人には向いておらず、「車は足になればいい、面倒なことはすべて任せたい」という人にぴったりのサービスです。

車のサブスクリプションとカーリースの支出の違い

サブスク
カーリース
頭金
不要
不要
税金
負担なし
負担なし
任意保険料
負担なし(※1)
実費(※2)
メンテナンス費用
負担なし
実費(※2)
契約期間
縛りあり
縛りあり
中途解約
違約金あり
違約金あり
走行距離
制限あり
制限あり / 無制限(※3)
ガソリン代など
実費
実費

※1:ボルボのサブスク「SMAVO」には任意保険は含まれていません。
※2:リース会社や契約プランによっては、任意保険やメンテナンス費用まで毎月のリース料に含まれるものもあります。
※3:カーリースの「おトクにマイカー 定額カルモくん」では、契約満了後にリース車両を無償譲渡される契約プランがあり、その場合は走行距離の制限がありません。

基本的には、車のサブスクリプションとカーリースの仕組みは同じです。

車のサブスクリプションと呼ばれるサービスには、各種税金に加えて任意保険やメンテナンス費用までが毎月のリース料に含まれています(※1)が、一般的なカーリースでは任意保険は実費負担、メンテナンス費用は有料のメンテナンスパックに加入するので実質的に実費負担となる場合が多いです。

双方の共通点は、「毎月定額料金でリースできる」「頭金・ボーナス払いが不要」「各種税金の負担なし」「中途解約に違約金が発生する」「契約期間や走行距離に縛りがある」「リース車の所有者ではなく使用者である」ことです。(リース会社や契約プランによっては一部異なる場合があります。)

一方で、カーリースは選べる車種やメーカーが豊富なのに対し、車のサブスクリプションでは、決められた車種(メーカー)から選ぶことになるため、カーリースに比べて選べる車種の選択肢が少ないです。

※1:ボルボのサブスク「SMAVO」には任意保険は含まれていません。

車のサブスクリプションとカーシェアリングの支出の違い

サブスク
カーシェアリング
頭金
不要
不要
税金
負担なし
負担なし
任意保険料
負担なし(※1)
負担なし
メンテナンス費用
負担なし
負担なし
契約期間
縛りあり
なし
中途解約
違約金あり
自由
走行距離
制限あり
制限なし
ガソリン代など
実費
負担なし

※1:ボルボのサブスク「SMAVO」には任意保険は含まれていません。

カーシェアリングは、「車を使いたい時にだけ、利用料金を支払って借りる」というシステムでレンタカーと同じ仕組みです。

車のサブスクリプションは、使用回数に関わらず毎月定額のリース料を支払うのに対し、カーシェアリングでは月会費と利用料金を支払うため、利用頻度が高いほど支出が増します。

ただ、カーシェアリングの場合は、「入会時の審査なし・好きな時に入会・解約OK、ガソリン代や駐車場代の負担もない」ため、誰でも気軽に利用できることが最大のメリットです。

車のサブスクリプションの各社サービスの比較

車のサブスクリプションと呼ばれるサービスでは、KINTOならトヨタブランド、SMAVOならボルボなどと自動車メーカーが自社の車を貸し出している場合が多いです。

そのため、車種にメーカーの制限があるので様々なメーカーや車種から検討という場合には、国産車・輸入車全車種を取り扱うカーリースSOMPOで乗ーる(そんぽでのーる)がおすすめです。

カーリース「SOMPOで乗ーる」の詳細はこちら

車のサブスクがある会社

KINTO(トヨタ・レクサス)
Hondaマンスリーオーナー(ホンダ)
SMAVO(スマボ)(ボルボ)
NOREL(ノレル)(ガリバー)

 
KINTO
Hondaマンスリーオーナー
SMAVO(※1)
NOREL
ブランド
トヨタ
ホンダ
ボルボ
ガリバー
車種
トヨタ / レクサスの人気車種
ホンダの一部車種
V40以外の全車種
150種以上
(国産車&輸入車)
車の状態
新車
中古車
新車 / 中古車
新車 / 中古車
最安料金(※2)
月額11,220円〜
月額29,800円〜
月額35,100円〜
月額39,800円〜
契約期間
3年 / 5年 / 7年(トヨタ)
3年(レクサス)
1ヵ月以上11カ月未満
3年契約2年縛り
5年契約3年縛り
走行距離5,000km到達月の月末まで
もしくは10ヶ月
走行距離
月間1,500km
月間1,000km
月間750km
5,000kmまで

※1:ボルボのサブスク「SMAVO」には任意保険は含まれていません。
※2:2020年9月現在での最安条件のリース料金となります。

まとめ

車のサブスクリプション(カーリース)は、毎月定額のリース料で車が所有できるサービスです。

リース会社や契約プラン、車の使用状態によっては、現金で購入した方が結果的に安く済む場合があったり、契約満了時に車を返却する際に「残価精算や原状回復費用」を請求される可能性もあるため、後々損をしないためにも契約前によく確認する必要があります。

トヨタブランドのサブスク「KINTO(キント)」なら、すべてコミコミの定額料金で、契約満了時の残価精算も発生しません。

また、KINTO付帯の任意保険は、年齢・運転者の制限がないので、家族や友人間でのシェアも可能です。

KINTOは、契約や利用システムについても明確に記載されているので、とてもわかりやすくユーザーファーストのサービスです。

\KINTO公式サイトはこちら/
【KINTO】愛車サブスクリプション