クルマの機能

トヨタのオートブレーキホールド機能について | 搭載車&使い方

トヨタのオートブレーキホールド機能について紹介します。すべて2020年2月現在の現行車に限ります。

ブレーキホールド機能とは?

ブレーキホールドとは、信号待ちなどでの完全停止中に、ブレーキペダルから足を離しても停止状態を維持し続ける機能です。アクセルと踏むと再発進します。

詳しくはこちら
【最新版】国産&輸入車搭載車一覧!超便利なオートブレーキホールドとは?

トヨタのブレーキホールドについて
ブレーキホールドの名称

トヨタでは「ブレーキホールド」と呼称しています。

搭載車種

トヨタでは、以下の車種にブレーキホールドが搭載されており、カローラとカローラ ツーリングのエントリーモデルのみオプション装備(26,400円)となります。

搭載車種 車両価格
カローラ
ガソリン車1.8L 2WD G-Xのみオプション装備(26,400円)
1,936,000〜2,948,000円
カローラ ツーリング
ガソリン車1.8L 2WD G-Xのみオプション装備(26,400円)
2,130,000〜2,997,500円
カローラ スポーツ 2,169,200〜2,824,800円
アルファード 3,520,000〜7,752,000円
ヴェルファイア 3,520,000〜7,752,000円
ハリアー 3,004,100〜5,045,700円
RAV4 2,656,500〜3,888,500円
C-HR 2,367,000〜3,095,000円
クラウン 4,691,500〜7,320,500円
カムリ 3,456,000〜4,648,000円
センチュリー 19,962,963円
カローラとカローラ ツーリング以外は、すべてのグレードに標準装備(電動パーキングブレーキを含む)されているため、どのグレードを購入しても無条件で付いてきます。
操作方法
1. ホールドスイッチをオンにする

シフトレバー付近に「(○)HOLD」と書かれたスイッチがあるので、このスイッチでオンとオフの切り替えができます。

2. クルマを停止させる

ブレーキペダルで減速し完全停止まですると、ホールドの作動条件をクリアします。

3. ホールドの作動&停止状態の維持

ホールドが作動すると、メーターパネル内に「HOLD」と緑色に点灯した文字が表示されるので、この表示を確認後ブレーキペダルから足を離します。

4. 再発進

再度発進させる時は、アクセルペダルを踏むだけでOKです。

オートホールドが作動する条件

トヨタのオートホールドは、以下のすべての条件を満たすと作動します。

・運転席シートベルトを着用している時
・運転席のドアが閉まっている時

トヨタのオートホールドは、エンジン始動後に毎回作動させるタイプのホールドのようです。ホールドが作動して、ブレーキペダルから足を離した状態が約3分以上経過すると、自動的にパーキングブレーキがかかり、警告音とともに警告メッセージが表示されます。

このタイプは国産車に多いですが、輸入車ではエンジンを切っても一度オンにしたら手動でオフにするまで作動したままのタイプや、停止後にブレーキペダルを奥に踏み込んでホールドを作動させるタイプのもののあります。

オートブレーキホールドキットとは?

エンジン始動後に毎回ホールドスイッチをオンにするのが面倒という場合には、「オートブレーキホールドキット」で、プチ改造する(自己責任)ことができます。

※対象はブレーキホールド機能が搭載されたクルマのみですので、非搭載のクルマにブレーキホールド機能を付け足すものではありません。

オートブレーキホールドキットでできること

・エンジン始動時に毎回オフ状態のスタートになるのを、エンジン始動時に自動でオン状態でスタートさせる
・純正の仕様に戻すことができる(=オートブレーキホールドキットの機能を完全オフにする)

オートブレーキホールドキットの価格は?

車種によって異なりますが、3,000〜9,000円程度です。販売会社によっては、取付サポートデスクや1年間の保証が付いています。

トヨタ用のオートブレーキホールドキットはこちら

※上記以外の車種も販売されています。

ブレーキホールドを過信しないこと

ブレーキホールドは、非常に便利な機能ですが、あくまでも運転補助の一機能に過ぎません。急勾配の坂道や悪天候による路面凍結などでは、ホールドが機能しない場合も可能性としてはあるため、ドライバーが責任を持って安全運転を行なってください。