ランキング

【比較】軽自動車のおすすめランキング!機能・装備が充実しているのはどの車種?

幅広い世代に人気がある軽自動車は、免許取り立てでの初めての新車購入や近所の買い物用のセカンドカーなどと、様々なニーズがありますが、「車種が多くて正直どれを選んでいいかわからない」という方も多いと思います。
そこで今回は、価格・機能・装備などのスペックを踏まえて、おすすめの軽自動車を5車種紹介していきます。

軽自動車のおすすめランキングTOP5

・現行車のみ
・個人調査のため情報に誤りがある場合があります

第5位  ミラ イース / ダイハツ

スマートアシストⅢ

衝突回避支援ブレーキや車線逸脱車線逸脱警報機能、誤発進抑制機能、オートハイビームなどの予防安全装備が搭載されています。

コーナーセンサー

コーナーセンサーをフロント2箇所・リア2箇所の四隅に装備し、障害物までの距離に応じて異なる警告音で知らせてくれます。

標準装備のグレード

G SA Ⅲ
X SA Ⅲ
L SA Ⅲ
B SA Ⅲ

圧倒的な低燃費で最もエコな軽自動車

あらゆるテクノロジーを駆使して実現した低燃費と加速のよさ。JC08モードの燃料消費率では35.2km/Lを計測しています。

エントリーモデルの車両価格は80万円代

今では100万円以上はする軽自動車ですが、ミラ イースのエントリーモデルの車両価格は858,000円と低価格で、100万円を切るグレードは4種もあります。

全グレード標準装備
主要スペック
車両価格 858,000〜1,372,800円
ボディカラー 9種
最高出力 49PS
最大トルク 57Nm
燃費 32.2-35.2km/L
環境性能割 非課税
エコカー減税 50%減税 / 免税
グリーン化特例 50%減税
第4位  N-BOX カスタム / ホンダ
ホンダセンシング

ACC、衝突軽減ブレーキ、車線維持支援システム、標識認識機能、オートハイビームなどの予防安全システムが搭載されています。※ACCは全車速追従付ではありません。

洗練されたスタイリッシュなエクステリア

フロントグリルにはメッキバー、リアにはテールゲートスポイラーが施された厳つめなデザインが人気です。

衝突安全性能評価で最高ランク★★★★★を獲得

平成29年度自動車アセスメントにおいて最高評価である「衝突安全性能評価ファイブスター賞」を受賞しています。
衝突時の衝撃を制御するホンダ独自の技術で、自車だけでなく相手車両へのダメージも軽減します。

プラズマクラスター技術搭載フルオート・エアコンディショナー

高濃度プラズマクラスター25000によってイオンを放出して空気清浄・脱臭をし、女性には嬉しい美肌効果もあるようです。

全グレード標準装備
主要スペック
車両価格 1,746,800〜2,129,600円
ボディカラー 9種
最高出力 58-64PS
最大トルク 65-104Nm
燃費 19.0-21.8km/L
環境性能割 非課税 / 1%
エコカー減税 25%減税 / 対象外
グリーン化特例 25%減税 / 対象外

※スペック、機能、装備などはN-BOXも同様です。

第3位  スペーシア カスタム / スズキ
ヘッドアップディスプレイ搭載 ★

軽自動車初のフロントガラス投影式のヘッドアップディスプレイが搭載されています。
メーターパネルやナビを見なくても確認ができるので、視線移動が減り安全運転をサポートします。

全方位モニター用カメラ ★

バックの映像と共に、真上から車両を映し出した合成映像を、ナビゲーション画面に表示します。
さらに、「助手席側のサイド映像」などと視点を切り替えることも可能で、「室外視点」と「室内視点」も切り替えることができます。

全グレードオプション装備(★パッケージ価格で85,800円)
軽量衝撃吸収ボディーTECT

ボディに「超高張力鋼板」を使用することで、強度と軽量化を実現しました。また、衝突時の衝撃を吸収するクラッシャブル構造や衝撃を分散させる骨格構造などの安全技術を取り入れています。さらに、フロントボディには衝撃吸収構造によって、万が一の衝突時に歩行者の頭部や脚部へのダメージを軽減します。

全グレード標準装備
パワースライドドア予約ロック機能

スライドドアを閉めている途中に、携帯リモコンからドアロックの予約ができ、ドアが閉まり切るまで待っている必要がありません。また、ドアの開閉はワンタッチ、ドアの開閉も一時停止することが可能です。

標準装備のグレード

ハイブリッド XSターボ
ハイブリッド XS
※ハイブリッド GSは後席左側のみ標準装備で後席右側は装備不可

主要スペック
車両価格 1,545,500〜1,943,700円
ボディカラー 12種
最高出力 52-64PS
最大トルク 60-98Nm
燃費 24.0-30.0km/L
環境性能割 非課税
エコカー減税 25% / 50%減税
グリーン化特例 25%減税 / 対象外
第2位  タント カスタム / ダイハツ
スマートアシストプラス

衝突警報機能などのスマートアシストに加え、全車速追従付ACC、レーンキープ、パノラマモニターなどが装備されています。
全車速追従付ACCでは、車間距離のキープ・走行車線のキープによって、速度調整やステアリング操作をアシストします。

オプション装備のグレード(126,500円)

カスタムRS
ウェルカムシートリフト カスタムRS
スローパー カスタムRS

前席シートヒーター

軽自動車では珍しい、寒い日に重宝するシートヒータが前席に装備されています。

標準装備のグレード

カスタムRS(4WD)
カスタムX(4WD)
カスタムL(4WD)
ウェルカムシートリフト カスタムRS
スローパー カスタムRS

オプション装備のグレード(33,000円)

カスタムRS(2WD)
カスタムX(2WD)

ミラクルオープンドア

前後のドアにピラーを内蔵することで、開口幅が1,490mm(助手席側)まで広がり、荷物の出し入れや乗り降りが快適になります。

全グレード標準装備
パワースライドドア ウェルカムオープン機能

軽自動車初のパワースライドドア ウェルカムオープン機能を搭載しています。降車時にインパネのスイッチで予約しておけば、クルマに近づくだけで自動でドアが開くように設定できます。また、ドアロックの予約も可能です。

標準装備のグレード

カスタムRS
カスタムX
ウェルカムシートリフト カスタムRS
スローパー カスタムRS

主要スペック
車両価格 1,578,500〜1,974,500円
ボディカラー 11種
最高出力 52-64PS
最大トルク 60-100Nm
燃費 18.8-21.2km/L
環境性能割 非課税
エコカー減税 25%減税
グリーン化特例 25%減税 / 対象外

※スペック、機能、装備などはタントも同様です。

第1位  デイズ / 日産
プロパイロット ★

軽自動車で初めて全車速追従付ACCが搭載され、車間距離のキープ・走行車線のキープによって、速度調整やステアリング操作をアシストします。

電動パーキングブレーキ&オートブレーキホールド ★

シフトとアクセル操作に連動し、パーキングブレーキが自動で作動・解除されます。また、信号待ちなどで停車中でもブレーキを踏み続ける必要がないオートブレーキホールドが搭載されています。
軽自動車でのオートブレーキホールドはデイズのみ。(2020年1月現在)

インテリジェントアラウンドビューモニター(移動物検知機能付)★

バックの映像と共に、真上から車両を映し出した合成映像を、ルームミラーのディスプレイまたは純正ナビゲーション画面に表示します。また、歩行者や自転車など動くものを検知すると画面表示と警告音で知らせてくれます。真上からの映像の方が、普通のバックカメラよりも周囲の状況を認識しやすいため、非常に便利な機能です。

★ 標準装備のグレード

ハイウェイスターX プロパイロットエディション(2WD)
ハイウェイスターX プロパイロットエディション(4WD)
ハイウェイスターG ターボ プロパイロットエディション(2WD)
ハイウェイスターG ターボ プロパイロットエディション(4WD)

★ オプション装備のグレード(88,000円)

ハイウェイスターX(2WD)
ハイウェイスターX(4WD)
ハイウェイスターG ターボ(2WD)
ハイウェイスターG ターボ(4WD)

SOSコール

こちらも軽自動車初のテレマティクスサービスで、位置情報やセンサー情報によって、万が一の事態に自動通報され、専属オペレーターが警察や消防の手配をサポートしてくれます。

全グレードオプション装備(60,500円)
主要スペック
車両価格 1,296,900〜1,811,700円
ボディカラー 17種
最高出力 52-64PS
最大トルク 60-100Nm
燃費 16.8-21.2km/L
環境性能割 非課税
エコカー減税 25% / 50%減税
グリーン化特例 25%減税
まとめ

軽自動車の中で、最も先進技術の機能・装備が充実している、デイズ(日産)が第1位です。軽自動車ながらも普通車と同等レベルの機能・装備を搭載しており、軽自動車で唯一オートブレーキホールド機能が付いています。
また、全車速追従付ACCが搭載されている軽自動車は、デイズ(日産)とタント&タント カスタム(ダイハツ)のみで、N-BOX&N-BOX カスタムはACC、その他の車種はクルーズコントロールとなっています。
おそらく今後は、全車速追従付ACCやブレーキホールド、360度モニターなどが搭載の軽自動車も徐々に増えてくると思います。