コラム

最大2,230円節約可能!ディズニーの駐車場代を安く抑える方法を大公開!

新型コロナウイルスの影響で、閉園していたディズニーランド・ディズニーシーですが、2020年7月1日(水)より営業を再開しました。

パークチケットは年々値上げをしており、1983年の開園当時は3,900円/1枚だったのに対し、2020年7月現在ではなんと8,200円/1枚となり、2.1倍もの値上がりです。

ディズニーまでの交通費、パークチケットや駐車場代、食事代、お土産代など、一度の来園で数万円はなくなってしまいますよね。

私自身、ディズニーから車で30分圏内に住んでおり、ディズニーへ行く時はいつも車なので、年々上がっていく駐車料金にうんざりしています。

そこで今回は、自家用車でディズニーへ来園する際に「少しでも節約したい!」「休日の駐車場の混雑を避けたい」「移動の時間や手間がかかっても平気」という人向けに、ディズニー利用時の駐車場代の節約方法を紹介していきます。

ディズニーランド&ディズニーシーの駐車場の料金は?

ディズニーの駐車料金は、平日と休日で価格が異なります。(二輪車を除く)

ディズニーランドは平面駐車場、ディズニーシーは立体駐車場となっており、混雑時の臨時駐車場がディズニリゾート周辺に3箇所あります。

ディズニーランド&ディズニーシー駐車料金
普通乗用車
(全長5m未満)
平日:2,500円
休日:3,000円
大型車
(全長5m以上)
平日:4,500円
土日祝:5,000円
二輪車
全日:500円
ディズニーの駐車料金の支払い方法は?

ディズニーの駐車料金の支払いには、現金、東京ディズニーリゾート・ギフトカード、クレジットカード、デビットカード、ブランドプリペイドカードが利用できます。

再駐車やパーク間の移動は可能?

同じ車(登録番号)であれば、一度駐車場を出ても再駐車が可能で、2パークそれぞれの駐車場を利用できます。

ディズニーの駐車場は好きなところに停めていいの?

駐車する場所は、キャストの誘導に従わなければならないので、自分の好きな場所に停めることはできません。

また、駐車方法も前向き駐車となので、隣に前向き駐車が下手な車が来ると、ドアの開閉がしにくくなってしまうことも多々あります。

出入口が近いところに停められるかは運次第です。

ディズニーの駐車代を節約する3つの方法

ディズニーの駐車場代を節約するには、どうしても移動の手間はかかるものの、最大で2,230円(休日の場合)も節約することができます。

休日や大型連休は、舞浜周辺の一般道路や高速道路、ディズニーの駐車場内は非常に混雑するため、駐車料金が安く済むだけでなく大渋滞を避けることができるのもメリットの一つです。

節約方法その1:超おすすめ!駐車アプリ「akippa(アキッパ)」を利用

節約できる金額 最大2,230円(休日)

利用者が急上昇中の駐車アプリ【akippa(あきっぱ!)】は、通常のコインパーキングとは異なり、一般の貸主が使っていない自宅の駐車場などを時間貸しで提供しているサービスです。

駐車料金は貸主が決めているので同じエリアでも価格は異なりますが、平均的にコインパーキングよりも低価格で、事前に予約ができるのが特徴です。

akippaは舞浜駅周辺の貸出駐車場が多いため、ディズニーを利用するのであれば登録必須です!

駐車アプリ利用のメリット

・事前予約ができるため、満車の心配がない
・駐車料金が安い
・ほとんどが住宅街なのでディズニー渋滞を回避できる
・支払いをオンライン上でできる

駐車アプリ利用のデメリット

・自宅の駐車場を貸し出している場合が多く、基本的に1台しか停められない
・駐車場からディズニー(舞浜駅)まで、徒歩で10〜20分程度かかる
・徒歩移動のため悪天候や荷物が多い場合はつらい
・車両のサイズ制限がある
・自宅の場合は駐車場の場所がわかりにくい

akippaのおすすめ駐車場

浦安市富士見5丁目15 富士見パーキング

駐車料金
770円 / 1日
駐車台数
1台
駐車形式
平置き / 屋外
サイズ制限
全長5,000mm×全幅1,900mm×全高制限なし
舞浜駅までの交通手段
徒歩15分

舞浜3丁目4-18 akippa駐車場

駐車料金
1,223円 / 1日
駐車台数
1台
駐車形式
平置き / 屋外
サイズ制限
全長4,800mm×全幅1,800mm×全高2,100mm
舞浜駅までの交通手段
徒歩10分

浦安市舞浜3-26-11akippa駐車場

駐車料金
1,223円 / 1日
(8:00〜23:00)
駐車台数
1台
駐車形式
平置き / 屋外
サイズ制限
全長4,800mm×全幅1,800mm×全高制限なし
舞浜駅までの交通手段
徒歩10分

浦島駐車場

駐車料金
1,320円 / 1日
駐車台数
1台
駐車形式
平置き / 屋外
サイズ制限
全長5,000mm×全幅2,400mm×全高制限なし
舞浜駅までの交通手段
徒歩15分

浦安市舞浜2丁目32 本間駐車場

駐車料金
1,320円 / 1日
(0:00~24:00)
駐車台数
1台
駐車形式
平置き / 屋外(シャッターあり)
サイズ制限
全長4,500mm×全幅2,200mm×全高1,800mm
舞浜駅までの交通手段
徒歩15分
節約方法その2:コインパーキングと公共交通機関を利用

節約できる金額 最大1,560円(休日/2人で利用する場合)

コインパーキングの「最大料金システム」を利用して駐車代を節約する方法です。

最大料金システムとは、一定時間内の駐車料金の上限が設けれており、長時間の利用がお得になる料金システムです。

これにより、1日の駐車代を700円前後まで抑えることができますが、公共交通機関を利用しなければならないため、1人あたり片道210円かかります。

そのため、大人4人以上の場合は、ディズニー内の駐車場利用時とほとんど負担額が変わらないことと、移動の手間がかかるので、2人以下の少数での利用時におすすめの方法です。

コインパーキング利用のメリット

・駐車台数が5台以上ある
・駐車後24時間の最大料金が600円から利用できる
・駐車場の場所がわかりやすい

コインパーキング利用のデメリット

・ディズニーまでは公共交通機関を利用しなければならないため別途交通費がかかる
・駐車アプリと違い、予約ができないので満車の可能性がある
・バスの時間を気にして行動しなければならない
・車両のサイズ制限がある

コインパーキングのおすすめ駐車場

タイムズ南葛西第10

駐車料金
最大料金770円
(全日駐車後24時間)
駐車台数
6台
支払い方法
現金、電子マネー、タイムズビジネスカード、タイムズチケット、クレジットカード
サイズ制限
全長5,000mm×全幅1,900mm×全高2,100mm
ディズニーへの行き方
バス停「総合レクリエーション公園」から乗車→東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーで降車
(大人210円・小児105円)
ディズニーまでの所要時間
駐車場からバス停「総合レクリエーション公園」まで徒歩3分、「総合レクリエーション公園」からディズニーまでバスで10分〜15分

>タイムズ会員ならさらにお得に!

ナビパーク南葛西第3

駐車料金
最大料金700円
(全日駐車後24時間)
駐車台数
8台
支払い方法
現金、クレジットカード
サイズ制限
全長5,000mm×全幅1,900mm×全高2,100mm
ディズニーへの行き方
バス停「総合レクリエーション公園」から乗車→東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーで降車
(大人210円・小児105円)
ディズニーまでの所要時間
駐車場からバス停「総合レクリエーション公園」まで徒歩2分、「総合レクリエーション公園」からディズニーまでバスで10分〜15分

ナビパーク南葛西第10

駐車料金
最大料金600円
(全日駐車後24時間)
駐車台数
10台
支払い方法
現金、クレジットカード
サイズ制限
全長5,000mm×全幅1,900mm×全高2,100mm
ディズニーへの行き方
バス停「総合レクリエーション公園」から乗車→東京ディズニーランドまたは東京ディズニーシーで降車
(大人210円・小児105円)
ディズニーまでの所要時間
駐車場からバス停「総合レクリエーション公園」まで徒歩3分、「総合レクリエーション公園」からディズニーまでバスで10分〜15分
節約方法その3:家族などに送迎を頼む

節約できる金額 全額

ディズニーの駐車場には、送迎のためのスペースが用意されており、駐車場の料金所にてキャストに申告すれば、送迎スペースへ案内してもらえます。

車で来れる地域に住んでいて、送迎に応じてくれる家族や友人がいれば、この方法もおすすめです。(必ずお礼のお土産は買いましょう!)

ただし、送迎車の入場可能時間や停車できる時間が決まっているので、注意してください。

送迎車の入場可能時間
営業時間から閉園時間の30分後まで
停車可能時間
普通車:10分間無料
大型車:30分間500円
ディズニーの駐車場代を節約する方法まとめ

駐車アプリ+徒歩でディズニーへ行く
コインパーキング+バスでディズニーへ行く
家族などに送迎してもらう

駐車場代を最安にしたい場合は、駐車アプリ「akippa」がおすすめです。

舞浜駅まで徒歩10〜20分という好立地の貸出駐車場が多く、かつ、1日あたりの駐車料金が770円〜1300円前後と非常に安いです。

ただし、基本的に1台しか停めることができないので、ディズニーへ行く日程が決まり次第、すぐに予約する必要があります。

節約した駐車場代で軽食やお土産も買えるので、気になる方はぜひ一度利用してみてください。

個人間で簡単に、スマホ・PCで“駐車場の貸し借り”ができる
オンラインコインパーキング【akippa(あきっぱ!)】