SUV

【年式別 / 平均相場】ポルシェ・カイエンの中古車はいくらで買える?

▲ポルシェ カイエン(2代目後期型)

ポルシェ・カイエンは、初代発売から現在に至るまで、根強い人気のある高級SUVの走りとも言えるモデルで、有名人なども多く所有しています。

今回は、カイエンの中古車相場を年式別に紹介していきます。

初代であれば100万円以下で購入できますが、グレードや状態によっては維持費が高額になってしまう場合もあります。

【2020年最新】カイエンの新車価格は?
カイエン
10,710,000円
カイエン E-Hybrid
12,750,000円
カイエン S
13,990,000円
カイエン GTS
16,820,000円
カイエン Turbo
19,830,000円
カイエン Turbo S E-Hybrid
24,080,000円
カイエン Coupé
11,820,000円
カイエン E-Hybrid Coupé
13,430,000円
カイエン S Coupé
14,850,000円
カイエン GTS Coupé
17,520,000円
カイエン Turbo Coupé
20,630,000円
カイエン Turbo S E-Hybrid Coupé
24,650,000円
カイエンの歴代モデルは?

カイエンは2002年9月に初代が発売され、2020年現在のカイエンは3代目となっています。

さらに、2019年にはカイエンのクーペモデルである「カイエン クーペ」がデビューしました。

・初代前期(2002年-2006年)
・初代後期(2006年-2010年)
・2代目前期(2010年-2014年)
・2代目後期(2014年-2017年)
・3代目(2017年-)

歴代カイエンのエントリーモデルの新車価格は、初代カイエン約660万円、2代目カイエン約784万円〜、3代目カイエン約994万円、2019年6月に価格改定、10月に消費増税によって、2020年では1071万円まで値上がりしており、初代と3代目(2020年モデル)では、約400万円の価格差があります。

【年式別 / 平均相場】カイエンの中古車はいくら?
初代(2002年-2010年)
平均価格
154万円
最安価格
64万円(2004年式)
最高価格
630万円(2008年式)
平均走行距離
7.96万km
最短走行距離
2.5万km
最長走行距離
20万km
2代目(2010年-2017年)
平均価格
486万円
最安価格
180万円(2010年式)
最高価格
1298万円(2017年式)
平均走行距離
4.4万km
最短走行距離
0.2万km
最長走行距離
15万km
3代目(2017年-)
平均価格
1272万円
最安価格
898万円(2018年式)
最高価格
2510万円(2020年式)
平均走行距離
1万km
最短走行距離
0.9万km
最長走行距離
2.2万km

ガリバーで中古車を探す

中古車を売買する時の注意点とは?

中古車は、人気の高い車種であるか、内外装に傷はないか、などと様々な条件で価格が決められています。

メルセデス・ベンツのSLのように、一般的な需要が低い車種は値崩れが激しく、たった1年で半値近くまで落ちる場合もあります。

欲しい車がリセールバリューの悪い車種であれば、新車を買うよりも年式の高い中古車を狙った方が、新車の7〜8割程度の価格で、状態の良い車が買えることもあるかもしれません。

年式
新しいほど価値が高い
車検
次回車検までの期間が長い方が高い
車種・グレード
需要の高さが重要
修復歴
なしが望ましい
内外装の綺麗さ
傷が少ない、タバコやペット臭がないなど
オプション装備
セーフティ系の装備は需要が高い
ボディカラー
ホワイトまたはブラックが需要が高い
オーナー数
少ないほど良い
走行距離
少ないほど良い
希少価値
プレミアがつく車種であれば需要が高い

    

ポルシェの維持費はどれくらい?

ポルシェの維持費は年間で約60〜100万円と言われています。

車の維費には、税金(総排気量3,000cc超え、重量2,000kg超え)、自動車保険料、燃料代(ハイオク)、車検費用が約20万円、消耗部品代、駐車場代などといった費用がかかります。

ポルシェの場合は、消耗部品にも質の良いものを使用しているため、タイヤ交換だけでも約30万円以上、エンジンオイル交換で35,000円程度はかかります。

そのため、状態の悪い安い中古ポルシェを買ってしまうと、部品代などで高くついてしまうことも考えられるため、ある程度状態の良いものを選ぶ方が堅実です。

まとめ
▲ポルシェ カイエン(2代目後期型)

カイエンの中古車は、初代の平均価格が154万円、2代目が486万円、3代目が1,272万円と、初代と3代目ではなんと約1,000万円の価格差があります。

また、2代目のカイエンは、2014年のマイナーチェンジ(後期型)でエンジンや内外装が変更されています。

そのため、多少の古さはあるものの現行型に近い内外装なので、500〜800万円あたりでカイエンの購入を考えているのであれば、2代目後期の2017年式がおすすめです。